組織図/沿革

組織図

img ※2020年6月現在

沿革

機関紙
「プラントエンジニア」
で振り返る
1961 社団法人日本能率協会内に「設備管理部会」発足
1964 「PM優秀賞」審査・表彰制度を制定
1969 「設備管理部会」を発展的に解消し、日本プラントエンジニア協会設立

1970

img

創刊号

1970 日本で初めて設備管理に関する国際会議を開催
img
1971 TPM(Total Productive Maintenance)を提唱

1979

img

創刊10周年記念号

1973 「全国設備管理強調月間」スタート
  • img
  • img
  • img

    プラントエンジニア
    全国大会(1978年)

  • img

    PM優秀賞表彰式(1976年)

img
  • img

    プラントエンジニア
    全国大会(1978年)

  • img
img

PM優秀賞表彰式(1976年)

1981 通商産業大臣より社団法人の許可を得て、社団法人日本プラントメンテナンス協会設立
img

設立披露パーティー

1983

img

社団法人化記念号

1983 「TPM展開プログラムの12ステップ」
img

設備管理全国大会(1987年)

1989
TPMの定義を改定
・「生産部門のTPM」から「全社的TPM」へ
・新しい「TPM定回の12ステップ」発表
・「8本の柱」設定

1990

img

創刊20周年記念号

1990 TPM世界大会を初めて開催
1991 海外事業所が初めてPM優秀事業場賞を受賞(ベルギー、シンガポール)

1994

img

社団法人化10周年記念号

1994 第1回「からくり改善くふう展」を名古屋で開催
全社的なTPM活動の拡大に伴いPM優秀事業場賞をTPM優秀賞に改称
img

第1回からくり改善くふう展(1994年)

1995 「個別改善活動」により、製造現場の代表的な16大ロスなどを削減し、
画期的なコスト低減を達成する仕組みと方策を確立

1999

img

社団法人化30周年記念号

img
PM優秀賞の枠組み
2001 自主保全士認定制度創設

2005

img

社団法人化20周年記念号

2005 収益事業を分離・事業再編
2006 MOSMSを提唱

2009

img

創刊40周年記念号

2008 計画保全士認定制度創設

2011

img

社団法人化30周年記念号

2012 内閣総理大臣の認定を受け、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会へ移行
2013 メンテナンスとアセットマネジメントの国際的な非営利団体GFMAM
(Global Forum on Maintenance and Asset Management:本部カナダ)へ加盟
TPMの普及を目的として新たにAssociate Agency制度を創設
インド・英国・韓国・タイ・台湾・ドイツの協力団体が加盟
2014 厚生労働大臣の指定を受け、国家検定「機械保全技能検定」の指定試験機関となる
自主保全士制度をベースとした、海外における資格認定制度「Monodzukuri Test(タイ)」第1回を実施
2016 自動車産業の国際品質規格IATF16949に、TPMが要求事項として加わる
2018 「計画保全士認定者」累計1000名達成
2019 第1回「アジアからくり改善くふう展」をタイで開催
img
TPM賞に中嶋・鈴木賞及び貢献賞を創設
2020 「自主保全士検定試験」累計認定者18万人達成
2021 社団法人化40周年・TPM提唱50周年
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr