日本プラントメンテナンス協会について

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会は、生産性や設備管理技術、保全技術・技能の向上に関する課題解決を支援することにより、産業界における安心・安全で安定した生産活動・保全活動の促進及び品質の安定・向上に寄与してまいります。

代表者挨拶

img

このたび、垣見吉彦前会長の後を継ぎ、公益社団法人日本プラントメンテナンス協会の会長に就任いたしました。

今、日本のモノづくりは「持続可能な開発目標(SDGs)」を軸にした脱炭素やカーボンニュートラルへの対応が求められ、
加えて、DXの進展により、100年に一度の大変革期を迎えています。
何ごとにも柔軟に対応できる人材がいれば、この変化に対応できるだけでなく、より進化したモノづくりができると考えています。
まさに「モノづくりは人づくり」。人を育てることが何より大事だと考えます。
さらに、モノを生み出す源泉である設備の管理は、モノづくりに不可欠のものであり、
カーボンニュートラルへの対応でも、設備の管理・メンテナンスの重要性がさらに高まっています。
不良を出さない、故障をさせないことが何よりも重要です。

当会は、設備管理に関わるわが国唯一の公益法人として、
機械保全技能士や自主保全士などの資格認定制度や、TPM、からくり改善などの普及等を通じて、
モノづくりに欠かすことができない設備管理と、それを支える人材の育成を支援し、
産業界の発展に貢献できるよう努めてまいります。
皆様のご協力、ご指導を賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

公益社団法人日本プラントメンテナンス協会
会長 河合 満

  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr