サービスから探す

設備管理とは

企業が生産活動を続けるためには、「設備の機能を必要なレベルに維持」しなければなりません。これを可能にするのが設備管理(保全マネジメント)です。設計-運転-検査・整備(補修)というすべての段階で設備が健全であるようにマネジメントします。

機械保全技能検定

機械保全技能検定は、機械の保全に必要な技能・知識を対象として習得レベルを評価する国家検定制度です。2015年度から当会が厚生労働大臣指定試験機関として試験を実施運営しています。

自主保全士

製造オペレーターに求められる知識と技能について、製造部門が受け持つ保全の一部機能や管理技術を評価するために当会が定めた認定制度です。

計画保全

保全が経営戦略と一体化するためには、経営的に合理性のある計画がつくられ、その「計画主導」で保全が実行されなくてはなりません。
こうした保全の仕組みを「計画(主導の)保全」といいます。

からくり改善

製造現場における困りごとを、自分達のアイデアで解決する「からくり改善」。
「現場オペレーターが知恵を出し」「手づくり」で製作し、その結果は「創造性が高く」他の見本となる「楽しい改善」といえます。

TPM

TPMとは全員参加の(あるいは総合的な)生産保全を指します。生産性・安全性の向上だけでなく、人材育成にもつながります。

情報収集・資料

設備管理と現場活動に役立つ、他社情報、成功事例、保全技術情報などを多数ご提供しています。

  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr