計画保全士養成コース

「計画保全士」養成コースとは

img

少数精鋭時代の保全マネジメントリーダー

MOSMSにより設定された「製造現場における計画保全のマネジメントリーダー」を育成するコースです。修了者は日本プラントメンテナンス協会より「計画保全士」として資格認定します。
開催場所は、「東京」「福岡」「名古屋」「大阪」「東京」で、毎年度5回開催しています。

コースの目的

PDCAの中核人材「計画保全士」は、経営と現場をつなぐキーマンです。

計画保全士養成コースは「製造現場における計画保全のマネジメントリーダー」の育成を目的としています。

img

「計画保全のマネジメントリーダー」とは

  • 事業所方針に基づく保全の目的・目標を理解し、グループ・担当の中核として貢献する
  • 専門性や豊富な経験を活かし、自立的に重要な仕事にチャレンジする
  • 担当職務についての専門知識、豊富な経験、技術をもとに技術をマネジメントする力を有する
  • 中期的取り組みを必要とする重要な問題の解決ができる

「マネジメント」とは

img

「マネジメント」とは、「組織の目的を実現するために、組織の諸業務を方向づけ、制御する統制された活動」(coordinated activities to direct and control an organization、ISO 9000)等と定義されています。
そうしたマネジメントを成立させるために、「管理技術」があります。また、「管理技術」を含めてマネジメントと呼称しているようです。
これに対し、目的(ターゲット)が限定的(個的)な技術が「固有技術」で、保全に利用される固有技術は非常に多くあります。そこで、「保全技術のマネジメント」が必要です。これは技術的な「保全計画」を意味します。

計画的な保全のPDCAを廻し続けるために、
「管理技術」と「固有技術」を身に付けた中核人材が「計画保全士」といえます。

「計画保全士」について

認定者は1,200名を超えています。

2008年からの認定者が多くの業種で誕生し、現在1200名を超え毎年増加しています!

img
認定者の代表的な業種
装置産業 石油化学・石油精製
食品
鋼鉄・非鉄金属
その他装置(医薬など)
加工組立 車・車部品
一般機械・精密機械
電気・電子
その他加工(金属・ゴムなど)
その他 インフラ・エネルギー
エンジ・工事・保全
その他(メンテサービスなど)

カリキュラム

img
  • 各分野において経験豊富な講師陣となっています 。
  • 演習や実践化研修により、実務で実際に役立つスキルを身に付けます 。
  • 他業種、他社の参加者との交流を通じて、人脈ネットワークを形成できるようになります 。
  • 講座の修了と試験により、「計画保全士」資格が付与されます。
  • 2020年度から単位制を採用!単位毎に受講地区を選択できます!!

「計画(主導の)保全」

経営的に合理性のある計画がつくられ、「計画主導」で保全が実行されなくてはなりません。こうした保全の仕組みを「計画(主導の)保全」といいます。「経営に資する戦略的保全マネジメントシステム」MOSMS(Maintenance Optimum Strategic Management System)と合わせて、「計画保全」の仕組みを、こちらからご覧ください。

imgimgMOSMS®: Maintenance Optimum Strategic Management System
/経営に資する戦略的保全マネジメントシステム
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr