機械保全技能検定

機械保全技能検定とは

logo
img

保全のための「国家検定制度」

技能検定とは、働く上で身に付ける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。
機械保全技能検定は、1984年から機械の保全に必要な技能・知識を対象として実施され、2015年度から当会が厚生労働大臣指定試験機関として試験を実施運営しています。

機械保全技能士を取得するメリット

技能検定の合格者は、「技能士」と称することができる名称独占資格です。
合格者は名刺などに記載し、「技能士」を名乗ることが可能です。

資格取得者のメリット

img

●機械保全技能士を名乗ることができる
●身に付けた技能を公証される
●基本的な技能を確認(学習)できる
●生産・保全業務のレベルアップ

企業・団体のメリット

img

●現場力の向上
●客観的な評価の確認
●社員のモチベーション、学習意欲の向上
●社員の自己啓発意識の向上
●生産・保全部門の信頼性向上と高度化

各等級の受検者の傾向

img

受検目的・動機

受検目的・動機 割合
保全技能レベルの向上 33.6%
自己啓発 19.0%
オペレーターのレベル向上 13.9%
企業・団体としての推奨 13.9%
受検者の意向 8.1%
受検者の昇給・昇格 6.2%
取得義務付け 3.5%
就職活動 1.4%
その他・未回答 0.4%
img

「機械保全技能検定」専用サイト

  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr