機械保全技能検定

機械保全技能検定とは

技能検定とは

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度です。技能に対する社会一般の評価を高め、働く人々の技能と地位の向上を図ることを目的として、職業能力開発促進法に基づき実施されています。機械保全をはじめ、機械加工、建築大工、ファイナンシャルプランナーなど、全部で130職種(2021年11月時点)の試験があります。

機械保全技能検定とは

機械保全とは、工場の設備機械の故障や劣化を予防し、正常な運転を維持するために重要な技能であり、製造現場に欠くことのできない能力です。
この技能を評価する唯一の国家検定が、「機械保全技能検定」です。
技能検定全職種のなかで2番目に多い受検者数で、モノづくり分野の職種の中では1番多く受検いただいています。

機械保全技能検定を取得するメリット

【機械保全技能士取得者】
「機械保全技能士」
を名乗れる
基本的な技能を
確認(学習)できる
生産/保全業務の
レベルアップ
第三者による
公平な評価
【受検企業・団体】
製造現場の
現場力の向上
社員のやる気・
学習意欲向上
生産・保全部門の
信頼性向上
客観的評価による
企業競争力の強化

機械保全技能検定の受検者数推移

受検者数推移年間33,481名
img

「機械保全技能検定」専用サイト

  • bnr
  • bnr
  • bnr
  • bnr